【2020年版】メンズ美容~かっこよくなりたいならこれをやれ~①今日からやるべきこと(身だしなみ編)

今回はメンズ美容~かっこよくなりたいならこれをやれ(全8編)~2020年版第一回目として、今日からやるべきこと(身だしなみ編)です。

今日中に家でできることなのでこの記事を読んだらすぐに実行しましょう。

まずは毛を剃ること

まずは毛を剃って清潔感を出しましょう。

ファッションとかメイクとか車とか何も知らなくていいのでまずは毛を剃りましょう。

ヒゲを剃ろう

何よりも剃るべきはヒゲです。

「ヒゲの形を整えてお洒落を楽しんでいるのだ」

と言いきれる人以外は全員極力きれいに剃りましょう。

ヒゲを剃っても青くなってしまう方はコンシーラーを使って消すこともできます。(もし持っていなくて初めに何を買えばいいかわからない方はこちらのコンシーラーが万能なのでおすすめです。)

といっても毎日コンシーラーで消すのは時間、お金(シェーバーとコンシーラー代)、労力を消耗するので本当は脱毛するのがおすすめです。(僕は勿論脱毛しているのでそのこともまた別の記事で詳しく書きます。)

顔毛を剃ろう

髭を剃るついでにヒゲ以外の顔から生えている毛を剃りましょう。

ヒゲは剃っていても意外と気が付かないのが顔の毛です。

頬、目の横、もみあげの際、輪郭の裏あたりです。

産毛も全て剃りましょう。

かなり近くから見ないと目立たなさそうな毛でも剃っておくと顔全体のトーンが明るくなります。

手と腕の毛を剃ろう

顔周りだけでなく、体毛も全て剃りましょう。

特に気を付けるべきは手、手の指、腕です。

僕自身それほど体毛が濃い方ではなかったため、今年まで気が付いていませんでした。

が、手の毛も絶対剃った方が良いです。

自分が剃り始めると他人の手も気になったりするものです。

すね毛を剃ろう

すね毛も剃りましょう。

すね毛を剃ると水の抵抗が無くなりお風呂やプールにもスムーズに入ることができます。

個人的には断然つるつるがおすすめですが、中にはつるつるを気持ち悪いと思われる方がいるのも事実です。

その場合は間引きできるトリマーで目立たないけどつるつるではない程度まで調整しましょう。

また、結局すね毛も脱毛した方が早いです。

つるつるは嫌な方でも元が相当薄くない限りは一度の脱毛で完全につるつるにはならないので様子を見ながら数回脱毛に行くのもよさそうです。

脇毛を切ろう

脇毛も剃ろう

…と言いたいところですが、実際剃るのは難しい部位です。

全然つるつるではなくてもいいのでとりあえず安全な範囲で短く切りましょう。

普段は特に見えない部分ですが、他の部位を手入れし始めると多分自分で気になり始める部分です。

ちなみにもし脇を脱毛するなら、湘南美容外科クリニックがとても安いです(2019年現在)。

鼻毛を切ろう

忘れてはいけないのが鼻毛です。

鏡を見た瞬間ははみ出ていなくても鼻をかんだ後や、くしゃみをした後など、少し鼻の中での毛の配置が動くだけで気づかないうちにはみ出ていることがよくあります。

そういった恐れのある毛はあらかじめカットしておきましょう。

ハサミでも良いですが、ニトリのノーズケア(WH&SI)462円(税別)を買うことをおすすめします。安全で、簡単です。

まずは毛を剃って清潔感を整えよう

というわけで、とにかく今日から毛を剃って清潔感を整えましょう。(本当は脱毛の方がおすすめ)

多分、これだけで周りからの目だけではなく貴方自身の自分に対する美意識が覚醒するはず!笑