ドクターマーチンに靴磨きで光沢を与えドレッシーに

靴磨きでドクターマーチンに光沢を出す

私服でもカジュアルではなくドレッシーであることがかっこよさの秘訣。

なので、オールブラックのドクターマーチン1461MONOをよりドレッシーにするべく、靴磨きで光沢を与えてみました。

ドレスなドクターマーチン「1461MONO」

メンズファッションブロガーのMBさんも提唱している通り、お洒落さの決め手となるのはカジュアルとドレスのバランスです。

MEMO

童顔低身長な日本人の場合はドレス:カジュアル=7:3がお洒落に見えやすいバランスとされています。

なので、僕は普段ドレス要素が強いLIDNMの黒スキニーばかり履いているのですが、ここ数年のメンズファッションのトレンドは圧倒的にオーバーシルエットです。

そこで問題となってくるのが、トレンドのワイドパンツはどちらかというとカジュアル要素を高めてしまうアイテムであるというところです。

さらに、ワイドパンツで脚が短く見えるのをカバーするべく分厚いシルエットの靴を履いてしまうとカジュアル要素が強くなりすぎます。

ところが、そんな悩ましい矛盾を解消してくれるのが真っ黒なドクターマーチン1461MONOです。

ドクターマーチンMONO1461

分厚い靴にも関わらずドレス要素を極力残してくれています。

ただし、かっこよさを追求するものとしては前から惜しいなと思っていたのが艶のなさ。

マットな感じもそれはそれで良いのですが、ドレッシーさをさらに一段増す為にも磨いて艶を与えてみました。

ドクターマーチンを靴磨きでドレスアップ

使うのは前回の記事でも紹介したBootBlackの靴磨きセット

BootBlack靴磨きセットの全中身

こちらを使ってドクターマーチンを靴磨きでドレスアップしていきます。

シュークリーナーで汚れを落とす

まずはシュークリーナーで汚れを落とします。

シュークリーナーでドクターマーチンの汚れを落とす

まだ買って日が浅いのでそれほど汚れていませんが、次に塗るシュークリームの栄養が染み渡りやすいようにする為には例え新品でもシュークリーナーで汚れを落としておいた方が良いそうです。

MEMO
新品の靴は初め防水コーティングされていることがあるのでそれも落とさないと靴クリームも弾いてしまいます。

写真だと伝わりづらいかもしれませんが、右がシュークリーナーで汚れを落とした状態。

シュークリーナー前後比較

後は元々より艶が無くなってしまいますが、艶はこれから与え直すので心配は不要です。

シュークリームでドクターマーチンに栄養を与える

次に革に栄養を与える効果のあるシュークリームを塗り込みます。

シュークリームでドクターマーチンに栄養を与える

革に栄養が与えられることにより、ひび割れなどの劣化を防ぐことができます。

シューポリッシュでドクターマーチンにツヤを出す

最後にシューポリッシュでツヤを出します。

シューポリッシュでドクターマーチンにツヤを出す

一旦シューポリッシュをドクターマーチンに塗った後、布を水で濡らし、水分を含ませた状態で細かくくるくる回すように磨くとだんだんツヤがでてきます。

ドクターマーチンを鏡面磨き

ドクターマーチン、靴磨きしたら光った

効果を実感する為にも片方だけ先に磨きました。

右が靴磨きした状態、左が靴磨き前です。

靴磨きで光沢を出したドクターマーチン

別の角度から

靴磨き前と後を比較

両足完成後を靴磨き前後で比較した写真がこちら。(真ん中のスライダーを動かすと靴磨き前後を比較できます。)

実物は写真以上にツヤが出ています。

ツヤだけでなく黒がより漆黒となり足元を引き締める効果も発揮してくれそうです。

ドクターマーチンにドレスな要素を求めている方は靴磨きをすればよりドレッシーにできるのでやってみてはいかがでしょうか。

MEMO
このサイトに載せる写真は普段VSCOで写真をかっこよく加工していますが今回は分かりやすくするために極力加工なしにしました。

しょっきー

ドクターマーチンに限らず革製の靴は靴磨きでツヤを出すのおすすめ。

服装はそのままでも靴の光沢がドレス要素となり、お洒落に見えやすくなるはず!