ドクターマーチン1461MONO(楽天購入)のレビュー

ドクターマーチン1461mono

お読みいただきありがとうございます。

しょっきー(@shokky_otoku)です。

定番的に人気のドクターマーチンの中でも1461monoを購入したのでレビューしました。

ドクターマーチンとは

ドクターマーチンは1945年にドイツ軍に属していた医師、クラウス・マーチン( Klaus Martin)氏の手によって生まれたブーツブランド。

当初は警察官や工場労働者に流行っていた靴で、チェリーレッドのブーツに関してはストリートギャングの象徴にもなった靴だそうですが、

1970年代中頃パンクロックアーティストに好まれるようになってからはある種パンクやロック好きのアイコンのような靴になっています。

今回僕がドクターマーチンを買った理由のひとつがサブカルチャー好きであることを服装の中に表現してみたかったからだったりもします。

こんな風にポリシーを持って履ける靴は数ある靴の中でもなかなか珍しいのではないかと思う。

ドクターマーチン1461monoは底もステッチも全て真っ黒

そして、今回僕が買ったのはドクターマーチンの1461monoというモデル。

ドクターマーチン1461mono

ドクターマーチンの特徴ともいえば黄色いステッチとゴム色のエアークッションソールですが、1461monoはそのどちらもが真っ黒。

ドクターマーチンmonoはソールも黒

さらに、靴の内側まで全て真っ黒です。

常に全身ブラックコーデの僕にとっては靴の内側が茶色だと案外目立ってしまいますがその点も安心です。

ブラックコーデに向いてるドクターマーチン

ドレスなシルエット

また、1461monoの色以外の特徴が「シルエット」。

mono以外でも1461シリーズは通常のドクターマーチンと比べると少し先が細くコンパクトに作られています。

ドクターマーチン1461mono

通常のドクターマーチンの丸いシルエットも魅力的ですが、低身長童顔日本人にとってのファッションにおける重要要素であるドレス感をプラスするにはこちらのシルエットの方が安心感を持って利用しやすいです。

MEMO
メンズファンションブロガーMBさんが提唱しているカジュアルとドレスの割合の話についてはこちらの書籍が参考になります。

ドクターマーチン楽天購入品は偽物なのか

ちなみに、このドクターマーチンは楽天で買いました。

公式ショップで買うと安くても22,680円なのに対し、

ドクターマーチン公式価格

楽天で買うと12,800円で買えます。

このことから正規品ではない説が流れていますが、実は、「正規品」か「偽物」と二つに分類してしまうのが間違い。

iPhoneに海外版、国内版があるように、ドクターマーチンでもイギリス向け、日本向け、中国向け…というように国に合わせた作りや値段の正規品が作られているのです。

楽天で買ったこのドクターマーチン1461monoは中国製でしたが、靴、箱、タグを見る限り日本以外のどこかの国向けの正規品と言えそうです。

ドクターマーチンの箱

ドクターマーチン楽天購入品の刻印

ドクターマーチン1461monoを履いて出かけてみた

届いたその夜防水スプレーをして一晩乾燥させて艶感を増してから早速履いて出かけてみました。

ドクターマーチンをさらにドレッシーに

エアークッションソールの本当の魅力

ここ5年程私服でもほぼ革靴しか履いていなかったのでエアークッションソールの歩きやすさに感動しています。

また、実際に履いてみてドクターマーチンの新たな魅力に気がつきました。

後ろからの画像をみていただくと分かりやすいですが、それなりに身長を盛ってくれます。

ドクターマーチンは厚底

僕はリーガル24.5cm、コンバース26cmでUK7を購入したのですが、少し余裕があるのでインソールを入れるつもりなのでさらに1.5cmくらい盛れそう。

象徴的でありながらもシンプルでどんな格好にも馴染んでくれそうなのでもっと早く買えばよかったと思いました。

しょっきー

既に表面のテカテカしたパテントのタイプも買うか迷い初めてる。