100円ショップの靴磨きグッズだけで靴磨き

100円ショップ靴磨きグッズ

靴磨きを趣味にし始めているのですが、ブログもやっているので「100円ショップの靴磨きグッズだけで靴磨き」というYouTuberのようなことをしてみました。

100円ショップの靴磨きグッズだけで靴磨き

前回の100円ショップの靴磨きグッズで靴磨きにチャレンジでは、そもそも靴磨きには何が必要なのかも知らなかったためクリームを塗っただけで終わってしまいました。

なので、今回は他にも100円ショップで揃えられる靴磨きグッズを揃えて再チャレンジです。

100円ショップで揃えた靴磨きグッズ

100円ショップで揃えてきた靴磨きグッズは以下の通り。

ブラシ

100円ショップ靴磨きブラシ

本格的な靴磨きでは豚毛ブラシと馬毛ブラシの2本を使うそうですが、僕の近所の100円ショップにはこちらのブラシしか売っていませんでした。

100円ショップ靴磨きブラシ

見た感じ特に問題なさそうです。

くつクリーナー、くつクリーム

100円ショップ靴クリーム

ピンク色の方が靴の汚れを落とすのに使うクリーナー、黒色の方は靴に栄養を与える効果のあるクリームです。

100円ショップ靴クリーム

靴磨きグッズの定番Boot Blackを出しているColumbus製なので十分信頼できます。

靴クリーム(シューポリッシュ)

100円ショップ靴クリーム

裏面を見ると「各種高級ワックスをベースにしていますので、保革、防水効果が高く美しいツヤを長く保ちます。」と書いてあります。

100円ショップ靴クリーム

先ほどのチューブ型の靴クリームが靴に栄養を与えることを目的としているのに対し、こちらは靴にツヤを与えることが目的となっています。

化粧でいうと先ほどのチューブ型の靴クリームが化粧水、こちらはBBクリームやファンデーションというイメージです。

ちなみに、こちらの靴クリームは韓国のKANGAROO社のOEM製品と言われており、靴磨き界隈では定評のあるものだそうです。

ダイソー靴クリームはKANGAROOのOEMと言われる

 

100円ショップの製品だけで靴磨き

靴磨き用に買ったアロマティックレッドシダーシューキーパーを革靴に入れて早速100円ショップ靴磨きをやってみました。

くつクリーナで汚れを落とす

まずは、くつクリーナーで汚れを落としていきます。

くつクリーナーで汚れを落とす

布はいらないTシャツを切ったものを使いました。

100円ショップ靴磨きした結果

左がくつクリーナーで汚れを落とした状態です。

見た目はほとんど変わりません。

でも、くつクリーナーを使って油を落としておかないと次に塗りこむ靴クリームが浸透せず、靴に栄養を与えることができなくなってしまうため、必要な作業です。

くつクリームで黒さを復活させる

次に、くつクリームを塗り込みました。

ブラシを使えば細かい隙間にも塗り込むことができます。

くつクリームを塗り込む

100円ショップ靴クリームを塗った

左が塗りこんだ方なのですが、前回の100円ショップの靴磨きグッズで靴磨きにチャレンジ同様光沢がなくなりました。

その代わり、黒さは復活したように見えます。

シューポリッシュで光沢を出す

最後に靴クリーム(以下シューポリッシュ)で仕上げます。

100円ショップ靴クリーム

シューポリッシュを塗るのは靴のつま先とかかとの部分です。

注意
先ほど塗った革に栄養を与えるのが目的のくつクリームと違い、革靴の割れ目にシューポリッシュが入ると劣化させてしまう恐れがあるそうです。

摩擦で熱を加えながら塗ると革に載りやすいのでまずは手で塗っていきます。

シューポリッシュを塗り込む

仕上げに布でくるくると細かく回転させながら塗り込んでいきます。

後になってわかったのですが、ここで少し水分を含ませながらやると光沢が出るそうです。

100円ショップの靴磨きグッズだけで靴磨きをした結果

こちらが100円ショップの靴磨きグッズだけで靴磨きをした結果です。(真ん中のスライダーを動かすと靴磨き前後を比較することができます。)

写真では伝わりづらいですが、実物を見ると黒味が復活し、やや高級感が出た印象です。

初めてやったので技術的な部分が未熟でしたが100円ショップの靴磨きグッズでも十分本格的な靴磨きの流れが体験できました。

しょっきー

鏡面磨きの技術がある人なら100円ショップ商品だけでも靴を輝かせられそう。